去年の話です。朝、起床していつも通り仕事へ行く準備をしていました。

最後に髪の毛をセットして、手が汚れたので洗おうと洗面台に向かって手を差し出した瞬間…ピキッ!!!!!激痛が走るとは、このことを言うんですね。

何とも言えない痛さで、腰が曲がった状態から、前にも後ろにも動かせず現状把握するのに少し時間がかかりました。これは、いわゆるギックリ腰!?でも20分後には家を出ないとなりません。

でも動けません。

 

そして一人暮らし…どうする私…とりあえず少し止まって様子を見てみましたが、何ら状況は変わらず。とりあえず職場の人に連絡をしないと!

と思ったのですが携帯はリビングに置いたまま。腰が一定の位置から動かないので歩くことも出来ません。

壁伝いに歩こうと試みましたが、痛くて痛くて…結局、四つん這いになって這いつくばって行きました(笑)途中で痛すぎて体が動かなくて、涙が出るわ笑いが出るわ。でも休んでいる暇はない!

何とか携帯をゲットして電話しました。

とりあえず今日は休んで良いということに。次にお母さんに電話(笑)

お母さんの友達でギックリ腰になった時に注射を打ったら治った人がいるということで、近所の病院を探しました。

どちらにせよ動けないので、少し横になって様子を見ていました。

だんだん痛みも引いてきて、動けるかも!?と思い起き上がろうと思ったのですが、腰に力が入らず動けません。それでも何とかゆっくり歩けるようにまでなってきたので、タクシーを呼んで病院に行きました。

まずレントゲンを撮り、問診。これがまた嫌な感じの医者でした。

すごく偉そうと言うか…元々、腰がたまにピキッと痛みが走ることがあったと説明したら「これが原因だよ。ちょっと痩せなさい。」とお腹の肉を掴まれました。セクハラですよね!?その時点でイライラ。

その後、注射する流れになって、腰に注射したのですが打つ前にもすごく痛いよ!

と脅してきて本当信じられませんでした。

案の定、痛かったですが(笑)打った後に少し休んでから帰るように言われ、数十分経ち起き上がろうと思っても動けません。

痛みが全然引いていませんでした。

看護師が医者に伝えに行くと、さっきの医者がやって来て「動けるでしょ。無理?じゃあもう1本、下からで。」と看護師に指示を出していました。

注射を打つにあたり、今の体勢から180度後ろを向いて横にならなければいけないのですが、痛くて動けずゆっくり動いていたら、グイっと無理やり体がを回されて激痛!!!!

本当に信じられません!

それから2本目を打って様子を見たのですが、マシにはなりましたが相変わらず腰に痛みもあり曲がったまま。「明日も痛いようならおいで。注射してあげるから。」と言われましたが、誰が来るか!と思いながら帰宅。

翌日、違う病院に行って検査した結果ヘルニアで…1週間安静にしたら治りました。

腰ってすごく大事ですし、病院選びも大事だと痛感した出来事でした。