慢性腰痛に悩んでいます。

今思えば、腰痛は高校受験の時からでした。同じ姿勢で集中して勉強をしているとどうにも腰が痛い。。

それをかばって変な姿勢でまた集中して勉強、の繰り返し。変な所で固まってしまい、思いっきり後ろに伸ばすのもなら、ピシッとした痛みもありギックリ腰になりそうでビクビクしていました。

社会人になってもパソコンで同じ姿勢をとってることが多く腰をかばい、足や肩まで痛みの範囲は広がってました。なかでも、家で仰向けになってケータイをいじっていたとき。。

くしゃみをした瞬間、ものすごい腰痛があり寝ても冷めても腰が痛くなる始末でした。冷や汗をかきながら整形外科を受診、レントゲンの結果、骨には異常無し椎間板ヘルニア、いわゆるぎっくり腰でした。

整形外科ではコルセットや湿布などの治療しかできなかったため、鍼灸のできる整骨院に駆け込みました。

そこで冷え性、腰回りの筋肉不足、軽度の肥満など腰痛になる要素が満載だったことを教えてもらいました。

思い当たる節があるため、やっぱりなとは思ってましたが。。

とりあえず鍼灸の治療を3日連続で受け、その後は週に1度の通院を1年くらい続けました。

痛みの強い時期は絶対安静でしたが、体が動くようになってからは軽めのストレッチから始め、ダイエット、体を温めることを積極的に行いました。

ストレッチからヨガのレッスンを受けるようになり、10kgのダイエットにも最高し、腰にかけてのずーんとした重さもすっかり無くなりました。

冷え性も食事に生姜紅茶やココア等の体を温める食材を積極的にとり、シャワーだけでなく湯船にゆっくりと浸かることを習慣付けました。

とはいえ仕事柄、パソコンを使うのは仕方がなく、たまに痛みもありますが、本格的に痛くなる前に継続して鍼灸治療を行っているせいかそこまで痛みは気にはならなくなりました。腰痛でお悩みの方、まずはシャワーだけでなく、湯船にゆっくり浸かってみてください。

ぬるま湯にできれば30分程度。少しづつですが、体が楽になります。

またヨガまではいかなくとも、寝る前に軽めのストレッチをして見てください。ストレッチ方法はネットや本に沢山紹介されています。

 

またストレッチをする際は必ず呼吸をしてください。

呼吸が止まると、無意識に体に力が入ってしまい腰痛悪化の原因にもなりかねません。

呼吸に合わせて動くことを心掛けてください。

慣れてきたら、本格的に体幹を鍛えて腰痛を完治することも良いかと思います。

とはいえ、腰痛から大きな病気につながる場合もあるので、まずは病気を受診してみましょう。